Cinema4Dでローポリキャラを作りたい~2.準備と初めの一歩

一応前記事からの続きという形で、今回はモデリングについて落書きしていきます。

fgjiutx.hatenablog.com

 

至って初心者なので、メモ的な感じでこの備忘録にまとめることにします。なんせC4Dを触り始めてまだ3ヶ月程度なので…。この記事を基に3DCGの修羅の道に興味を持ってくれて、はじめてみたいなぁと思う猛者が現れたらそれはとっても嬉しいなって

 

  • 1.はじめに(インタフェースの変更)
  • 2.とりあえず下絵を表示
  • 3.モデリングの前の準備
    • 3-1視点操作
    • 3-2メッシュの追加
      • ポリゴンペンの使い方(一部)

 

続きを読む

大学生ならばCinema4Dをインストールして遊ぼう~1.導入編

今大学生というそこのあなた。ただただ日々をのらりくらりと過ごすのも必要ですが、学生時代の特権を折角だから利用してあげようではありませんか。

学生の場合は様々なソフトがアカデミック価格として安価にプロ仕様のソフトが手に入ります。たとえばオートデスクのMaya3ds Max等の「どっかで聞いたことのある」ソフトは無償で手に入りますし、AdobeのCreative Cloudは6割引の25000円/年で入手することが可能です。

今回紹介するソフトはMaxon社のCinema 4Dです。

f:id:Fgjiutx:20170417034535p:plain

なんとこのソフト、学生ならば最上位のバージョンであるStudio版を無料で手に入れることができるのです(商用利用不可)。Studio版は普通に購入しようとすると、30万円以上は掛かるシロモノです。

他の3DCGツールとの特筆すべき相違点はモーショングラフィックス面で特化していることでしょう。もちろん、モデリングやアニメーション、レンダリングに至るまで申し分ない性能を持っています。

 

また、前期話題となったけものフレンズもCinema4Dで制作されています*1

れっつインストール

https://www.maxon.net/jp/

↑のページのトレーニングから、学生版を選びましょう。

f:id:Fgjiutx:20170417040725p:plain

ページ下部のAll Other Counriesから、Cinema4D Studentを選択します。

f:id:Fgjiutx:20170417040948p:plain

プルダウンメニューからJapanを選択しましょう。

f:id:Fgjiutx:20170417041352p:plain

規約に同意するならばチェックを入れてContinueを選択しましょう。

f:id:Fgjiutx:20170417041530p:plain

すると次のような画面が出てきます。

f:id:Fgjiutx:20170417041734p:plain

日本国内で購入する場合、頒布会社は1つに限定されるようなので「TMS Tele Media Systems Corp」のラジオボタンを選択し、情報送信に同意するならば、チェックボックスにチェックを入れ次に進みましょう。

f:id:Fgjiutx:20170417042150p:plain

メールアドレスとパスワードを入力し、次へ

f:id:Fgjiutx:20170417042454p:plain

学生証の写真、大学名と学部名、氏名を最低限記入しましょう。

 

(すでに登録済みのため、これ以上の説明は不可能となるが簡潔に述べると)

 

入力した内容が正しければ、登録したメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます。

1通目:リクエスト受理のメール

2通目:リクエスト承認完了のメール(1通目からおよそ一日後)

3通目:アクティベーションコードを記載したメール(2通目からおよそ1日後)

 

f:id:Fgjiutx:20170417043458p:plain

2通目のログインリンクからログインすると、ダウンロードページへと移動します。

f:id:Fgjiutx:20170417043652p:plain

「Download Cinema 4D R**」を選択し、WindowsMacOSかを選択しダウンロードをしましょう。

 

ダウンロード終了後、初回起動時にアクティベーションコードを記述するように求められます。

f:id:Fgjiutx:20170417043947p:plain

3通目に記載されているアクティベーションコードをコピペして入力しましょう。

これで、インストール作業は終わりです。お疲れさまでした。

 

何も進捗もとりえもない記事になってしまいましたね。次からはまじめに書くぞい!

Photoshop/Illustratorで和風な色を使いたい!

Adobe社に魂を売ってはや3か月が経ちまして、月日の流れる速さを痛感しております。

どうも。初めてのブログ記事です。

 

さて、Adobe社の製品にはスウォッチなる機能があります。いわゆるパレットですね。イラスト製作やらロゴ製作を試みた方だったらおそらく一度は目にしている機能ですね。

 

 

でも和風なコンセプトの作品を作りたいときちょっと困りそう!

なので作りました

www.colordic.org

このサイトから手作業で写しました(なので多少の誤植には目をつぶってください(重要))

f:id:Fgjiutx:20170213005618p:plain

(一部抜粋)

 

 

アップローダもよくわからないのでAxfcです。ごめんなさーい

ここからどうぞ→https://www.axfc.net/u/3775131?key=colors

 

解凍したらPhotoshopならacoIllustrator/InDesignならaseをスウォッチパネルから読み込んでください

 

追記:クリスタでもacoを読み込めます。れっつ和風らいふ

ブログ始めました

ブログを始めたのに記事がないと話にならないのでとりあえず形式的な初記事を投稿します。

決してネタがないとかそういうのではないです。