AIがすべてを解決してくれる

(??ほんまか??)

初心に帰って変分ベイズ(2)::9/17

fgjiutx.hatenablog.com この記事の続きです 4.2. 変分事後分布の算出 4.3. 予測分布の計算 4.4. 実装 4.4.1. アインシュタインの縮約記法 スカラー値×ベクトル 2次元行列×ベクトル=ベクトル($Ax=b$) $\boldsymbol a^{T}\boldsymbol W\boldsymbol b,\boldsy…

🐜本の進捗(ベルマンフォード/ダイクストラ/クラスカル)::9/14

🐜本を解いたよ.(経路探索と最小全域木について学んだ)

🐜本の進捗(優先度付きキューとUnionFind木)::9/13

蟻本をといたよ

初心に帰って変分ベイズ(1)::8/31

1. 確率モデルの近似法 2. エントロピーとKLダイバージェンス 2.1. エントロピー pとrの分布 qとrの分布 2.2. KLダイバージェンス 3. 変分ベイズ 3.1. 変分下界 3.2. 分解による近似分布の計算 4. 変分混合ガウス分布 4.1. 事前分布の定義 1. 確率モデルの近…

RustでAtcoder Beginner Contest100のD問題を解いた::8/20

D - Patisserie ABC 高橋君はプロのパティシエになり, AtCoder Beginner Contest 100 を記念して, 「ABC洋菓子店」というお店を開いた. ABC洋菓子店では, $N$ 種類のケーキを売っている.各種類のケーキには「綺麗さ」「おいしさ」「人気度」の $3$つの値を持…

Rustを触ってみた::8/19

タイムラインでRustという言語についての話題で盛り上がっていたので試しにABC100のA-C*1を解いてみることにした. D問題については構造体とtraitやownership関係でイザコザして解けなかった.後程に解答を見て学習してみたいところ. D問題: fgjiutx.hatena…

初心に帰ってベイズ線形多項式回帰(2):エビデンス近似編::8/15

エビデンス近似 先日の記事日記(8/5):初心に帰ってベイズ線形多項式回帰(1) - 日記帳では,線形回帰に対してベイズ的な取り扱いを導入しましたが,ハイパーパラメータにあたる$\alpha,\beta$をあらかじめ決める必要があり,完全にベイズ的な取り扱いである回…

RVMとRails::8/11

時刻 したこと 10:00 起床 14:00 PRML7章 17:00 Rails環境構築 関連ベクトルマシン(RVM) gist.github.com 関連ベクトルマシン(RVM)ガウス過程と似た方法で,重みパラメータが無限大に発散することによってそのパラメータの事後分布を0近辺に集中させることで…

::8/10

日 やったこと 8/07 ベイズ線形回帰のエビデンス近似 8/08 ガウス過程の学習と実装(PRML) 8/09 休息の日とarchive 8/10 GPとNNとarXiv PRMLを6章まで読み進めた.理解はまだできていない. 8/9はCiv5を終始やってた.ちょっと30分やる予定だったが,気付いた…

進捗まとめ

最終更新:2018/08/10 書籍 機械学習 Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践 (impress top gear) 作者: Sebastian Raschka,株式会社クイープ,福島真太朗 出版社/メーカー: インプレス 発売日: 2016/06/30 メディア: 単行…